ホーム > 海外通販について > 海外通販初心者が知りたいQ&A

海外通販初心者が知りたいQ&A

ロードバイクのフレームやパーツを海外通販で購入すると安いことはわかるけれど、実際に手を出すとなるとなかなか踏み出せない...そんな海外通販初心が気になる疑問についてQ&A方式でまとめてみました。


■英語ができないと注文できないの?
日本語対応しているサイトもありますが、基本英語表記のサイトが多いです。
ただ、英語が必要と言っても一番面倒なのが住所入力の部分くらいで、基本はほしいものをバスケットに入れて、送付先の住所を入力して決済するという一連の流れは、日本のネットショッピングと変わりません。住所の記入方法も解説するので、そのとおり記入すれば全然難しくはありません。また今では簡単に翻訳できるので問題ないです。


■決済はどうするの?
基本はクレジットカードです。また、JCBはほぼ非対応なのでVISAかMASTERカードがマストです。また、PayPalに対応しているサイトもあるので、手数料が余分にかかりますが、不安な場合はPayPal経由で注文したほうが安心かもしれません。


■販売価格は日本円で表記されているの?
wiggleやマーリンサイクルなどの主要どころは、日本円表記なので為替レートを気にする必要はありません。クレジットカードで決済した場合、表示された金額が引き落としされます。一部のbike24やbackcountry.comではドルやユーロなどの現地通貨で決済する必要があるので、為替レートを確認・計算して購入するようにしましょう(海外旅行先でクレジットカードを使うのと同じ感覚です)。


■注文してからどのくらいで届くの?
基本的には注文してから10日前後で手元に届きます。サイクリングエクスプレスなどの台湾の通販サイトだと、2~3日以内に届くので、日本のネットショッピングと同等程度の日数で到着します。とはいえ、あくまでも目安です。急いでいたり、どうしても○日後のレースに使いたい!といった用途で注文した場合、その日までに届かない可能性があるので、急いでいないものを注文しましょう。


■梱包状態はどんなかんじ?
日本と違って、梱包はアバウトです。でも、いままで中の商品が破損していたことはありません。ただし、SALE品を買うので、SHIMANOのグループセットを購入したときは、純正の箱に入っておらず、簡易的なダンボールに入っていました。新品には間違いありませんでしたが、そういったケースもあるので気になる方は利用をおすすめしません。


■送料はどのくらいかかるの?
海外通販だとやはり気になるのが送料です。でもじつは海外から送ってもらうにも関わらず多くのサイトが一定金額を購入すると送料無料!の場合が多いです。そのためついつい送料無料にするために無駄なもの?もついついバスケットに放り込んでしまうのはよくあること。送料が別途必要なサイトでも送料2,000~5,000円程度が多いです。


■税金はかかるの?
自転車パーツなどの場合、基本的には関税はかかりません。しかも購入金額が16,666円以内であれば基本税金はゼロです。ロードバイクのパーツや本体を購入する場合、購入金額が16,666円を超える場合は消費税がかかります。個人使用目的として輸入した場合には、購入金額の60%に対して消費税がかかります。税金に関しては、荷物の引き渡しの際に配達員に支払います。サイクリングエクスプレスだと関税キャッシュバックキャンペーンを実施する時期もあるので、そういったキャンペーンを活用してもいいかもしれないです。また場合によっては税金がかからないなんてことも...運ですが。


実際にひとつひとつの疑問を解決していけば、それほど海外通販のハードルが高くないことがわかるはず。かくいう私自身も初めて海外通販で注文するときのドキドキ感はいまだに忘れないくらいなので、無理して海外通販を利用する必要はありませんが、気になるなら一度wiggleやサイクリングエクスプレス、Merlin cycleなどのメジャーどころを試してみるのも手かもしれません。


タグ :

関連記事

  1. 海外通販初心者が知りたいQ&A

    ロードバイクのフレームやパーツを海外通販で購入すると安いことはわかるけれど、実際...

  2. ロードバイクの海外通販はお得なのか?それとも危険?? (上)

    ロードバイクに乗っている人の多くは購入した状態のいわゆる完成車という状態のままで...

  3. サイクリングエクスプレスってどんな通販サイト?使い勝手やメリット・デメリットは?

    台湾を拠点とした海外通販サイト。ロードバイク関連商品ならば基本的に安い!早い!が...