ホーム > 機材インプレ > 【素人インプレッション】SPECIALIZED VENGE PROはすごかった!

【素人インプレッション】SPECIALIZED VENGE PROはすごかった!

vengepro.jpg

スペシャライズドの試乗プログラムを利用して、憧れのS-WORKSを一日借りて乗り回しました♪
厳密に言うとフレーム自体はS-WORKSなのですが、ペイントはスペシャライズドのヴェンジプロですが...。
スペシャライズドの試乗プログラムであるBe Specializedで借りました。11:00~18:00までガッツリ7時間乗り回してきました。
そのときに感じたことを素人ながらインプレッションという形でまとめてみました。


まずはコンポーネント。アルテグラのdi2&油圧ディスクブレーキという自分自身にとって全て初めての体験。
アルテグラのdi2最高っす。軽いタッチでウィーンといいながらスムーズに変速していく...でもいつものクセでブレーキレバーを押してしまいましたが...とはいえすぐに慣れました。でも正直なところ機械式の変速も自分としては好きなので、値段を考えると機械式のままでいいかなと思いつつもdi2の油圧式STIレバーは非常にコンパクトで(機械式とほぼ同じ!)、油圧式STIのように無駄にデカくないのに個人的にはかなり好印象。


次に油圧式ブレーキ。一般的にキャリパーブレーキにくらべてブレーキの効きが強いとよく聞きますが、実際はそこまで強いとは感じなかった(借りもののため、あえて急ブレーキをかけたりすることはしなかったが)。ただ、キャリパーブレーキにくらべて握力を使わずに軽いタッチでブレーキングできるのはかなり楽。とくにMyバイクのARGON18のNITROGENのエアロVブレーキとは天と地のほどの差が。油圧式ブレーキで気になったのは握った時のフィーリング。思いのほかブレーキング後ブレーキレバーの戻りがもっさりしているのが気になった。どのフレームメーカーもリムブレーキからディスクブレーキへ移行されているが、油圧式ブレーキを体験してしまうと仕方ないなと実感。だからと言って、Myバイクを現状ディスクブレーキに替えてしまうとホイールが流用できなくなるのは痛いので、しばらくはリムブレーキのまま運用する予定。


そして気になっていたホイールは、Roval CL50ホイール。50mmのディープリムにも関わらず風の強い河川敷を走っても横風の影響を思いのほか受けなかった。それもそのはず50mmハイトのフルカーボンリムは上位グレードのCLX50と同一のものが採用され、風洞実験を元に決定された外幅29.4mmの超ワイド形状があらゆる角度からの風を受け流す高い空力性能を獲得しているとのこと。今回、登りをしてないのでヒルクライムについてはコメントできないが、横風についてはBORA ONE 35mmとの違いはほとんど感じないくらい素晴らしかった。ただし、カーボンリムの見た目がチープで、所有する満足度はBORA ONEに軍配が上がる。とはいえ、外見を気にせず機能重視の方ならオススメのホイール。


最後にいよいよフレーム。見た目はまさにエアロ!所々にカムテールデザインを取り入れていてカッコいいし、ケーブルが内装されているためスッキリしている。ケーブルの内装化によって空力に有利になると言われているが、それ以上にハンドリングの軽快さに感動した(おそらくdi2の恩恵も大きいと思われる)。乗り味は正直なところエアロモデルであるARGON18のNITROGENとそんなに変わらない。踏めば踏むほどどんどん加速してくれる気持ちいいバイクだった。サドルのPOWERサドルについても、自分が愛用しているASTUTEの適度の硬さに比べて柔らかいなというのが第一印象であったが、ちょうどいい具合に柔らかかったためそれはそれでアリかなと思った(7時間乗っても全然快適だった)。POWERサドルが大人気なのも理解できた。


一緒に走ったエアロロード初体験だったTIME乗りの友人も当然ヴェンジプロに試乗した。彼曰く「おおすげー速えー。どんどんスピードが乗っていって、いつもより5㎞/hは速く走れてる。エアロすげー!」とかなり興奮していた。ただその1時間後、「なんかいままで感じたことのない痛みが膝に...」と騒ぎだした。おそらく、フレームに脚を削られたのだろうと思われる。自分だけではなく友人も脚を削られたことろ鑑みると、エアロロードバイクは気持ちよく走れるので、本人も気づかないうちにペダルを無理して回してしまう上に、フレーム自体の剛性も高いので通常のロードバイクに比べて脚にダメージを受けやすいように思える。エアロロードおそるべし...。


スペシャライズドのヴェンジプロとARGON18のNITROGENの大きな相違は、乗り心地。28Cのタイヤを履いてたこともあったためか、ヴェンジプロの方が振動吸収が非常によかった。ARGON18の場合は少しの段差でも振動をダイレクトに乗り手に伝えてくれるが、ヴェンジプロの場合はマイルドにしてくれた。あとは、気持ちヴェンジプロの方が軽快に感じた。

逆にヴェンジプロの残念な点は、見た目がチープというところ。友人のバイクがTIMEだったこともあり、見比べるとチープ感が際立っていた。フレームがマットブラックということもあったかもしれないが、ザ・プラスチック!が気になったし、カーボンホイールもBORA ONEやコスミックカーボンに比べて、チープさが非常に気になった。見た目よりも性能でしょ!と言われるかもしれないが、ロードバイクは少なからず所有欲を満たす部分もあるのではないか。自分自身にとって見た目はとても重要なポイントなので、70万円するヴェンジプロには自分自身の所有欲を満たしてくれないと感じた。おそらく、フレームの塗装によるところが大きいのでS-WORKSやグロス塗装のフレームならば全然印象が違うと思う。でもヴェンジプロについては、今回試乗したマットブラック1色展開なのが非常に残念(S-WORKSを買わせる戦略の気がプンプンするけど...)。


見た目が残念だったが、総じてヴェンジプロはすばらしいバイクだった。いまの流行をすべて取り込んだ最高のバイクで、乗っているのがとても楽しかったし、ARGON18 NITROGEN以上に安心感が高かった。ただ、すでに完成しているので、パーツを替える楽しみがないかなぁ。


関連記事

  1. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGENを2年近く乗ってみて

    エアロロードであるARGON18 NITROGENと出会ってからもうすぐ2年が経...

  2. 【素人インプレッション】LOOK 566は超快適なロードバイクなのか?

    ロードバイク乗りとしては、絶対に抑えておきたいフレームメーカーといえばLOOKと...

  3. BORA ONE 50とBORA ONE 35の違いは?どちらを選べば正解?

    最も人気の高いカーボンホイールといえば、おそらく誰もが答えるであろうカンパニョー...

  4. 【素人インプレッション】BORA WTO 45も予想以上にいいホイールだった!

    BORA ONE 35からBORA WTO 60に乗り替えてみたものの、唯一の欠...

  5. 【素人インプレッション】スペシャライズドのパワーサドルは本当に素晴らしいサドルなのか?(specialized power saddle)

    最近のロードバイク・サドルのトレンドは、なんといってもショートサドル(ショートノ...

  6. 【素人インプレッション】別府史之選手愛用サドルのボントレガーのセラーノRXLに乗ってみた!

    ボントレガーのセラーノRXLといえば、あのツールドフランスにも出場した別府史之選...

  7. 【素人インプレッション】FOCUS IZALCO MAXはプロを唸らせるオールマイティバイクだった!

    2016年のツールドフランスにおいて、ロメン・バルデ(フランス)が総合2位に入っ...

  8. 【素人インプレッション】BORA WTO 60は貧脚サイクリストにもアリなカーボンホイールなのか?

    BORA ONEを手に入れてから、BORAの素晴らしさを実感していたためBORA...

  9. 【素人インプレッション】カンパニョーロ ボーラワン35(Camppagnolo BORA ONE 35)は最高のカーボンホイールなのか?

    BORA、それはサイクリストにとって誰もがあこがれるカーボンホイール。ホイールを...

  10. 【素人インプレッション】ORBEAのAVANT HYDROはマイファーストバイク。

    私がロードバイクの趣味に踏み込むきっかけとなったロードバイクがORBEA社の「A...

  11. 【素人インプレッション】ビアンキ フェニーチェ(BIANCHI FENICE)は最高のバイクだった!

    ビアンキといえばロードバイクやクロスバイクの人気のブランドで、いたるところでビア...

  12. 【素人インプレッション】SPECIALIZED VENGE PROはすごかった!

    スペシャライズドの試乗プログラムを利用して、憧れのS-WORKSを一日借りて乗り...

  13. 【素人インプレッション】Fulcrum Racing3(フルクラム レーシング3)は自分的に一番感動したホイール!

    コスパ最高と言われるアルミホイールで、ド定番を2つあげるとすれば誰もが Camp...

  14. 【素人インプレッション】cannondale CAAD12は、バランスのいいアルミロードだった!

    カーボンキラーと言われ、アルミフレームの最高峰ロードバイクと言われているキャノン...

  15. 【素人インプレッション】TREKのMADONEはやっぱり最高のカーボンバイクだった!

    TREK(トレック)のエアロロードと言えばMADONE(マドン)。当時、アルミフ...

  16. カンパニョーロ ヴェント(Camppagnolo VENTO)のインプレ的なもの

    カンパニョーロ(Camppagnolo)のホイールといえば、G3スポーク! ロー...

  17. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGEN(アルゴン18 ナイトロジェン)は超絶カッコいい!

    カナディアンブランドのARGON18。 その中でも異彩を放つエアロロードバイク...