ホーム > 機材インプレ > 【素人インプレッション】Fulcrum Racing3(フルクラム レーシング3)は自分的に一番感動したホイール!

【素人インプレッション】Fulcrum Racing3(フルクラム レーシング3)は自分的に一番感動したホイール!

コスパ最高と言われるアルミホイールで、ド定番を2つあげるとすれば誰もが
Campagnolo Zonda (1596g)
Fulcrum Racing3 (1560g)
をあげるほど知名度だけでなく、性能も高いホイールです。


ホイールの中ではリーズナブルな価格帯とはいえ定価で7~8万円もするし、「買ったときについているホイールでも2kg前後で、たかだか500g軽くなったからといって効果あるものなの?」と言われてしまえばそれまでですが、元々ついていたホイール(完成車に付いている重いホイールのことを一般に鉄下駄と呼ばれている)からゾンダクラスのアルミホイールに替えることで走りが劇的に変わります。楽に漕げるようになるだけではなく、脚を止めてもどこまでもコロコロと進んでくれます。カーボンホイールなどいくつか所有している私でさえ、いまだにセカンドバイクにはRacing3をはかせていて乗るたびに「このホイールほんとよく進むなぁ」と感心するほど。それくらい出来のよいホイールなのです。あくまでも私の主観ですが、


鉄下駄 < VENTO <<<<< Racing3 < SHAMAL ULTRA << BORA ONE


このくらいRacing3はイイ。正直シャマルウルトラとの差は見た目以外に自分では判らない。

フルクラムは、カンパニョーロの子会社でもあるので、ゾンダとレーシング3は非常に似通ったホイールとも言えます。
前輪に関してはほぼ同じ物かも知れませんが、後輪はスポークレイアウトが異なるので、全く同じ部品という事は無いでしょうが、まぁ、ほぼ同等の物と考えていいんじゃないでしょうか。
カンパとフルクラムでは後輪のスポークレイアウトが違うのはご存知の通りです。
共にフリー側2本のスポークと、その間に反フリー側のスポーク1本が挟まるレイアウトですが、その3本が狭い範囲にほぼ平行に並ぶカンパのG3レイアウトに較べて、フルクラムの2:1レイアウトでは、放射状に、ほぼリム全域に均等にスポークがあります。
そのせいで、カンパの方は若干回転方向にソフトで、ダッシュする時の反応は若干マイルドになるものの、3本のスポークで空気抵抗がまとまるせいで、太い7本スポークのような感じで空気抵抗が減るので、スピードが上がると伸びは良く感じるそうです。
フルクラムは、ダッシュした時の『かかり』が良く、トップスピードまで直線的に加速していくそうですが、正直違いはほとんどわからないので、見た目とデザインで選んでいいと思います。

海外通販で購入しようとすれば、30,000~40,000円程度で購入できるのでおすすめ。

タグ :

関連記事

  1. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGENを2年近く乗ってみて

    エアロロードであるARGON18 NITROGENと出会ってからもうすぐ2年が経...

  2. 【素人インプレッション】LOOK 566は超快適なロードバイクなのか?

    ロードバイク乗りとしては、絶対に抑えておきたいフレームメーカーといえばLOOKと...

  3. BORA ONE 50とBORA ONE 35の違いは?どちらを選べば正解?

    最も人気の高いカーボンホイールといえば、おそらく誰もが答えるであろうカンパニョー...

  4. 【素人インプレッション】BORA WTO 45も予想以上にいいホイールだった!

    BORA ONE 35からBORA WTO 60に乗り替えてみたものの、唯一の欠...

  5. 【素人インプレッション】スペシャライズドのパワーサドルは本当に素晴らしいサドルなのか?(specialized power saddle)

    最近のロードバイク・サドルのトレンドは、なんといってもショートサドル(ショートノ...

  6. 【素人インプレッション】別府史之選手愛用サドルのボントレガーのセラーノRXLに乗ってみた!

    ボントレガーのセラーノRXLといえば、あのツールドフランスにも出場した別府史之選...

  7. 【素人インプレッション】FOCUS IZALCO MAXはプロを唸らせるオールマイティバイクだった!

    2016年のツールドフランスにおいて、ロメン・バルデ(フランス)が総合2位に入っ...

  8. 【素人インプレッション】BORA WTO 60は貧脚サイクリストにもアリなカーボンホイールなのか?

    BORA ONEを手に入れてから、BORAの素晴らしさを実感していたためBORA...

  9. 【素人インプレッション】カンパニョーロ ボーラワン35(Camppagnolo BORA ONE 35)は最高のカーボンホイールなのか?

    BORA、それはサイクリストにとって誰もがあこがれるカーボンホイール。ホイールを...

  10. 【素人インプレッション】ORBEAのAVANT HYDROはマイファーストバイク。

    私がロードバイクの趣味に踏み込むきっかけとなったロードバイクがORBEA社の「A...

  11. 【素人インプレッション】ビアンキ フェニーチェ(BIANCHI FENICE)は最高のバイクだった!

    ビアンキといえばロードバイクやクロスバイクの人気のブランドで、いたるところでビア...

  12. 【素人インプレッション】SPECIALIZED VENGE PROはすごかった!

    スペシャライズドの試乗プログラムを利用して、憧れのS-WORKSを一日借りて乗り...

  13. 【素人インプレッション】Fulcrum Racing3(フルクラム レーシング3)は自分的に一番感動したホイール!

    コスパ最高と言われるアルミホイールで、ド定番を2つあげるとすれば誰もが Camp...

  14. 【素人インプレッション】cannondale CAAD12は、バランスのいいアルミロードだった!

    カーボンキラーと言われ、アルミフレームの最高峰ロードバイクと言われているキャノン...

  15. 【素人インプレッション】TREKのMADONEはやっぱり最高のカーボンバイクだった!

    TREK(トレック)のエアロロードと言えばMADONE(マドン)。当時、アルミフ...

  16. カンパニョーロ ヴェント(Camppagnolo VENTO)のインプレ的なもの

    カンパニョーロ(Camppagnolo)のホイールといえば、G3スポーク! ロー...

  17. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGEN(アルゴン18 ナイトロジェン)は超絶カッコいい!

    カナディアンブランドのARGON18。 その中でも異彩を放つエアロロードバイク...