ホーム > 機材インプレ > 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGENを2年近く乗ってみて

【素人インプレッション】ARGON18 NITROGENを2年近く乗ってみて

エアロロードであるARGON18 NITROGENと出会ってからもうすぐ2年が経とうしている。
走行距離も4000㎞程走り、このフレームのクセや乗り味などより深く理解できたと思うので改めてインプレしてみたい。

いまだに惚れ惚れする姿で見飽きることはないほど、自分とってデザインはどストライクのNITROGEN。
ホイールがBORA WTOのディープリムになったことでさらに戦闘力はアップした。


見た目だけではなく、走りもまさにスポーツカーのよう。


反応が非常によく、加速、速度維持がラク。
スカンジウムフレームで反応がいいと言われているBIANCHIのFENICEでさえARGON18 NITROGENと比べるとペダリングの反応がややモッサリと感じしてしまうほど、NITROGENの反応はいい。自分のペダリングのパワーがロスすることなくそのまま推進力となっている感じが乗っていて気持ちいい。乗り味的は人気のヴェンジとほぼ変わらない。


ただ当初は、その反応のよさが仇となって幾度となく自分の脚が削られて、気づけば痙攣していた...のは日常茶飯事だった。でも、我慢して乗りこむことで自分自身の身体がNITROGENに慣れてしまい、ここ最近はまったく痙攣することはなくなった。バイクの方に乗り手が順応してしまうなんて...


さらに反応のよさとエアロフレームの高い空力性能が相まって、加速力が半端ないし、脚を止めてもなかなか速度が落ちない。一度加速してしまえば、フレームとホイール(BORA WTO)の空力のおかげでグングン伸びてくれる。まさに機材ドーピング。正直なところ、走っていて楽しい。素人目から見ると、ダウンチューブは今流行りのカムテール形状ではないにも関わらず、どうしてこんなに速いのだろうかと疑問に思ってしますほど。フレーム重量が990gということもあり、ヒルクライムも問題なく登れる。ダンシングもタイミングをとりやすいし。


気になっていたVブレーキも、制動力については105のキャリパーブレーキとほぼ変わらない。メンテナンスの面倒くささを除けばの話だが。


唯一の欠点は、乗り心地の悪さ。基本的にエアロロードは乗り心地が最悪。
路面の荒れを基本的に和らげることなくご丁寧にもしっかりそのまま伝えてくれる。なにも気をつかわずに乗っていたら30㎞走った程度でも手に痺れを感じてしまう。カーボンハンドルなのにも関わらず。
慣れないうちのロングライドは苦行でしかない。それもある程度乗りこめば振動をいなす身体の使い方を身に付けて気にならなくなる。ただ、常にライド中は常に段差や路面に気にしながら走らなければならない。だとしても、これからもNITROGENをメインバイクとして乗り続けていきたいという気持ちは揺らがない。


それほどARGON18 NITROGENは魅力的なバイクだと思う。
他の人とは絶対にカブることもないしね。


タグ :

関連記事

  1. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGENを2年近く乗ってみて

    エアロロードであるARGON18 NITROGENと出会ってからもうすぐ2年が経...

  2. 【素人インプレッション】LOOK 566は超快適なロードバイクなのか?

    ロードバイク乗りとしては、絶対に抑えておきたいフレームメーカーといえばLOOKと...

  3. BORA ONE 50とBORA ONE 35の違いは?どちらを選べば正解?

    最も人気の高いカーボンホイールといえば、おそらく誰もが答えるであろうカンパニョー...

  4. 【素人インプレッション】BORA WTO 45も予想以上にいいホイールだった!

    BORA ONE 35からBORA WTO 60に乗り替えてみたものの、唯一の欠...

  5. 【素人インプレッション】スペシャライズドのパワーサドルは本当に素晴らしいサドルなのか?(specialized power saddle)

    最近のロードバイク・サドルのトレンドは、なんといってもショートサドル(ショートノ...

  6. 【素人インプレッション】別府史之選手愛用サドルのボントレガーのセラーノRXLに乗ってみた!

    ボントレガーのセラーノRXLといえば、あのツールドフランスにも出場した別府史之選...

  7. 【素人インプレッション】FOCUS IZALCO MAXはプロを唸らせるオールマイティバイクだった!

    2016年のツールドフランスにおいて、ロメン・バルデ(フランス)が総合2位に入っ...

  8. 【素人インプレッション】BORA WTO 60は貧脚サイクリストにもアリなカーボンホイールなのか?

    BORA ONEを手に入れてから、BORAの素晴らしさを実感していたためBORA...

  9. 【素人インプレッション】カンパニョーロ ボーラワン35(Camppagnolo BORA ONE 35)は最高のカーボンホイールなのか?

    BORA、それはサイクリストにとって誰もがあこがれるカーボンホイール。ホイールを...

  10. 【素人インプレッション】ORBEAのAVANT HYDROはマイファーストバイク。

    私がロードバイクの趣味に踏み込むきっかけとなったロードバイクがORBEA社の「A...

  11. 【素人インプレッション】ビアンキ フェニーチェ(BIANCHI FENICE)は最高のバイクだった!

    ビアンキといえばロードバイクやクロスバイクの人気のブランドで、いたるところでビア...

  12. 【素人インプレッション】SPECIALIZED VENGE PROはすごかった!

    スペシャライズドの試乗プログラムを利用して、憧れのS-WORKSを一日借りて乗り...

  13. 【素人インプレッション】Fulcrum Racing3(フルクラム レーシング3)は自分的に一番感動したホイール!

    コスパ最高と言われるアルミホイールで、ド定番を2つあげるとすれば誰もが Camp...

  14. 【素人インプレッション】cannondale CAAD12は、バランスのいいアルミロードだった!

    カーボンキラーと言われ、アルミフレームの最高峰ロードバイクと言われているキャノン...

  15. 【素人インプレッション】TREKのMADONEはやっぱり最高のカーボンバイクだった!

    TREK(トレック)のエアロロードと言えばMADONE(マドン)。当時、アルミフ...

  16. カンパニョーロ ヴェント(Camppagnolo VENTO)のインプレ的なもの

    カンパニョーロ(Camppagnolo)のホイールといえば、G3スポーク! ロー...

  17. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGEN(アルゴン18 ナイトロジェン)は超絶カッコいい!

    カナディアンブランドのARGON18。 その中でも異彩を放つエアロロードバイク...