ホーム > 機材インプレ > 【素人インプレッション】LOOK 566は超快適なロードバイクなのか?

【素人インプレッション】LOOK 566は超快適なロードバイクなのか?

ロードバイク乗りとしては、絶対に抑えておきたいフレームメーカーといえばLOOKとTIMEだと思う。
TIMEは友人のバイクを借りて乗ったことがあるので、次は絶対にLOOKに乗ってみたいと思っていた。
本命は785 Huez RSだが、ガチガチのレーシングバイクが貧脚の自分にとって必要なのだろうかと熟考した結果、貧脚のくせにいままで試したことがなかったエンデュランスバイクが気になりだした。LOOKが本気で作ったエンデュランスバイクとはいったいどれほど乗り心地がいいのだろうか?よくインプレなどで形容されるのが、魔法の絨毯のようだと言われているが本当にそうなのだろうか?振動吸収性のすぐれたロードバイクとはいったいどんなものだろうか?


期待は膨らみ、俄然LOOK 765に興味が湧いてきた。...ただ、ショップまで実車を見に行ったがフレームの造形がいたって普通。残念ながら、TIMEのような感動を思えなかった。そのため、現行モデルは諦めて過去のモデルまで洗い出すことに。
過去のモデルを探してみると、正直、LOOKについては過去のモデルの方がカッコよくて魅力的に映った。とくにLOOK 695なんかめちゃめちゃカッコよかった。危うく当初の目的を見失ってガチガチ剛性の695をポチってしまうところでだった...


そんなこんなで目に留まったのが、LOOK 566。
とくに2011年モデルは、ブラックカラーの部分がカーボン柄になっていて非常にオシャレで、カラーリングも自分好みであった。ちょうど程度のよいフレームが出ていたので、ほとんど迷わずに買ってしまった。。。


ちなみにLOOK 566は、LOOKのフレームの中ではロングライドにフォーカスしたモデルとされており、乗り心地を良くするためフレームの各部に吸収性を高める工夫がされている。LOOK 566の大きな特徴はチェーンステーとバックステーが横方向に扁平していること。この形状が振動吸収に大きく寄与していると思う。


実際にLOOK566に乗ってみると、エンデュランスカテゴリーのバイクということもあり、ヘッドチューブが長いため一番ステムを下げても思ったほど前傾姿勢にはならない。自分にとってはちょっとものたりない。


踏み出しはいたって普通で、踏んでいてほんの少しダイレクト感に欠けるかな?といったくらい。逆に踏みごたえがやさしく、削られていく感じは全くしなかった。高剛性ではないと聞いていたが、ダンシングしても力が逃げている感はなく、きちんと反応してくれた。自分のようなホビーサイクリストにはちょうどいい剛性のフレームだと強く感じた。


問題の乗り心地についてだが、確かに悪くない。
路面から伝わってくる雑音が、フレームのおかげカドがとれてマイルドにしてくれる。
だからと言って、絨毯の上を走っているという形容はさすがに言いすぎだと思う。ただ、常に路面を気にしながら走っていた自分にとっては、そのぶん余裕がうまれてくるのは事実であった。ロングライドの際に、疲れが蓄積されずに大きなアドバンテージになるし。とはいえ、勝手に思い描いていた快適性とは異なるものであった(段差などを気にせずガシガシ突き進めるくらいのものかと思っていたが、そのためには、ホイールの太さが必要になるのだろうな、そのぶんロードバイクの軽快さは犠牲になってしまうが...)。


LOOK 566に出会えて、ようやく思った。
ロードバイクに快適を求めてはいけないということを。いまさらだけど。


とはいえ、LOOK 566によって、LOOKのフレームの素性のよさを体感することができた。きちんと快適性という方向性にフォーカスして作り上げられた素晴らしいモデルだと思う。LOOK 566は、レースではなく、ロングライドやサイクリングを純粋に楽しみたいサイクリストにおすすめのフレームであることは間違いない。


タグ :

関連記事

  1. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGENを2年近く乗ってみて

    エアロロードであるARGON18 NITROGENと出会ってからもうすぐ2年が経...

  2. 【素人インプレッション】LOOK 566は超快適なロードバイクなのか?

    ロードバイク乗りとしては、絶対に抑えておきたいフレームメーカーといえばLOOKと...

  3. BORA ONE 50とBORA ONE 35の違いは?どちらを選べば正解?

    最も人気の高いカーボンホイールといえば、おそらく誰もが答えるであろうカンパニョー...

  4. 【素人インプレッション】BORA WTO 45も予想以上にいいホイールだった!

    BORA ONE 35からBORA WTO 60に乗り替えてみたものの、唯一の欠...

  5. 【素人インプレッション】スペシャライズドのパワーサドルは本当に素晴らしいサドルなのか?(specialized power saddle)

    最近のロードバイク・サドルのトレンドは、なんといってもショートサドル(ショートノ...

  6. 【素人インプレッション】別府史之選手愛用サドルのボントレガーのセラーノRXLに乗ってみた!

    ボントレガーのセラーノRXLといえば、あのツールドフランスにも出場した別府史之選...

  7. 【素人インプレッション】FOCUS IZALCO MAXはプロを唸らせるオールマイティバイクだった!

    2016年のツールドフランスにおいて、ロメン・バルデ(フランス)が総合2位に入っ...

  8. 【素人インプレッション】BORA WTO 60は貧脚サイクリストにもアリなカーボンホイールなのか?

    BORA ONEを手に入れてから、BORAの素晴らしさを実感していたためBORA...

  9. 【素人インプレッション】カンパニョーロ ボーラワン35(Camppagnolo BORA ONE 35)は最高のカーボンホイールなのか?

    BORA、それはサイクリストにとって誰もがあこがれるカーボンホイール。ホイールを...

  10. 【素人インプレッション】ORBEAのAVANT HYDROはマイファーストバイク。

    私がロードバイクの趣味に踏み込むきっかけとなったロードバイクがORBEA社の「A...

  11. 【素人インプレッション】ビアンキ フェニーチェ(BIANCHI FENICE)は最高のバイクだった!

    ビアンキといえばロードバイクやクロスバイクの人気のブランドで、いたるところでビア...

  12. 【素人インプレッション】SPECIALIZED VENGE PROはすごかった!

    スペシャライズドの試乗プログラムを利用して、憧れのS-WORKSを一日借りて乗り...

  13. 【素人インプレッション】Fulcrum Racing3(フルクラム レーシング3)は自分的に一番感動したホイール!

    コスパ最高と言われるアルミホイールで、ド定番を2つあげるとすれば誰もが Camp...

  14. 【素人インプレッション】cannondale CAAD12は、バランスのいいアルミロードだった!

    カーボンキラーと言われ、アルミフレームの最高峰ロードバイクと言われているキャノン...

  15. 【素人インプレッション】TREKのMADONEはやっぱり最高のカーボンバイクだった!

    TREK(トレック)のエアロロードと言えばMADONE(マドン)。当時、アルミフ...

  16. カンパニョーロ ヴェント(Camppagnolo VENTO)のインプレ的なもの

    カンパニョーロ(Camppagnolo)のホイールといえば、G3スポーク! ロー...

  17. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGEN(アルゴン18 ナイトロジェン)は超絶カッコいい!

    カナディアンブランドのARGON18。 その中でも異彩を放つエアロロードバイク...