ホーム > 機材インプレ > 【素人インプレッション】DE ROSAのMERAKエボリューションはセクシーなロードバイクだった!

【素人インプレッション】DE ROSAのMERAKエボリューションはセクシーなロードバイクだった!

イタリアといえばデローザ(DE ROSA)。
ロードバイクといえばデローザ。
あのハートマークのロゴがおしゃれなデローザ。
個人的には2020年モデルのIDOLがデザイン的にど真ん中。

でも定価がそもそも高いし、ディスクを導入してしまうといままでの財産であるホイールが使えなくなってしまうので躊躇してしまう。そんな中、突然の出会いについつい手に入れてしまったのが、メラクエボリューション。2013年モデルである。


乗るかわからんし、ほしいとも言われていないのに嫁か娘用として勝手に買ってしまう。
しかもコンポはまさかのカンパニョーロのアテネで、ホイールにはまさかのカンパニョーロのバレットがアッセンブルされている。シマニョーロでお茶を濁していた自分が恥ずかしいが、念願のフルカンパニョーロを手にすることに。


デローザのメラク、第一印象は上品でおしゃれエロい。
パールホワイトのボディに上品なゴールドのラインで彩られ、ハイエンドモデルのプロトスのように太い存在感のあるダウンチューブ、エアロ効果を発揮するリアホイールに沿って弧をかいたシートチューブ、トップチューブからシートステーが流線型に形づくられた形状など細部までの造形が凝っていてお洒落で本当にデローザらしい美しいフレームだと感じた。


見た目は太いフレームなので剛性感が強いバイクに思えるが、実際走ってみるとフロントフォークとバックフォークの安定感が高く、弓なりのフレーム形状により乗り心地も悪くなかった。シフトケーブルはフレームの半中通しで、外からは目立たず、まさに妥協とは無縁のデローザの凄さ垣間見ることができた。


しかも同じイタリアメーカーのカンパニョーロのアテナでコンポは統一されおり、「やっぱりイタリアのデローザは、イタリアのカンパニョーロがよく似合う」とわかった風なことをつい口走ってしまうほど、似合っていた。


デローザのメラクエボリューションのインプレッションだが、正直言ってしまうと、いままでさまざまな尖がっているロードバイクを乗ってきたためか、乗り味はいたって普通。
ただ普通と言ってしまうとなんだか可もなく不可もない平凡なロードバイクと思われがちだが、乗り心地はほどよくマイルドで、反応もよく、加速も伸びるし、あらゆる要素を高次元でまとまっている(いい意味で)。


コンポのアテナも、コーラス以上のコンポと違い、STIであるエルゴパワーがウルトラシフトではなくパワーシフトであるため、シフトチェンジがSHIMANOのSTIと同様の最大シフトダウン2段、シフトアップ1段の変速なのである意味安心。エルゴパワーの握り心地も非常にしっくりきて非常に握りやすい。また、ホイールがカンパニョーロのバレッタなので、まさにその名のとおり弾丸のごとく気持ちよく走ってくれる。


唯一残念なのは、基本機械式で組むことが前提になっているので、di2化が困難だということくらい。
最近、どのメーカーもカムテール構造を取り入れて空力意識してますよ!でデザインも似通ったフレームが多い中、メラクエボリューションはかなり凝った芸術性の高いフレームなので、所有欲はかなり満たされるのではないかと思う。もっと自分も年を重ねたら、このようなフレームのバイクに乗るんだろうなと思ってしまう。


タグ :

関連記事

  1. 【素人インプレッション】DE ROSAのMERAKエボリューションはセクシーなロードバイクだった!

    イタリアといえばデローザ(DE ROSA)。ロードバイクといえばデローザ。あのハ...

  2. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGENを2年近く乗ってみて

    エアロロードであるARGON18 NITROGENと出会ってからもうすぐ2年が経...

  3. 【素人インプレッション】LOOK 566は超快適なロードバイクなのか?

    ロードバイク乗りとしては、絶対に抑えておきたいフレームメーカーといえばLOOKと...

  4. BORA ONE 50とBORA ONE 35の違いは?どちらを選べば正解?

    最も人気の高いカーボンホイールといえば、おそらく誰もが答えるであろうカンパニョー...

  5. 【素人インプレッション】BORA WTO 45も予想以上にいいホイールだった!

    BORA ONE 35からBORA WTO 60に乗り替えてみたものの、唯一の欠...

  6. 【素人インプレッション】スペシャライズドのパワーサドルは本当に素晴らしいサドルなのか?(specialized power saddle)

    最近のロードバイク・サドルのトレンドは、なんといってもショートサドル(ショートノ...

  7. 【素人インプレッション】別府史之選手愛用サドルのボントレガーのセラーノRXLに乗ってみた!

    ボントレガーのセラーノRXLといえば、あのツールドフランスにも出場した別府史之選...

  8. 【素人インプレッション】FOCUS IZALCO MAXはプロを唸らせるオールマイティバイクだった!

    2016年のツールドフランスにおいて、ロメン・バルデ(フランス)が総合2位に入っ...

  9. 【素人インプレッション】BORA WTO 60は貧脚サイクリストにもアリなカーボンホイールなのか?

    BORA ONEを手に入れてから、BORAの素晴らしさを実感していたためBORA...

  10. 【素人インプレッション】カンパニョーロ ボーラワン35(Camppagnolo BORA ONE 35)は最高のカーボンホイールなのか?

    BORA、それはサイクリストにとって誰もがあこがれるカーボンホイール。ホイールを...

  11. 【素人インプレッション】ORBEAのAVANT HYDROはマイファーストバイク。

    私がロードバイクの趣味に踏み込むきっかけとなったロードバイクがORBEA社の「A...

  12. 【素人インプレッション】ビアンキ フェニーチェ(BIANCHI FENICE)は最高のバイクだった!

    ビアンキといえばロードバイクやクロスバイクの人気のブランドで、いたるところでビア...

  13. 【素人インプレッション】SPECIALIZED VENGE PROはすごかった!

    スペシャライズドの試乗プログラムを利用して、憧れのS-WORKSを一日借りて乗り...

  14. 【素人インプレッション】Fulcrum Racing3(フルクラム レーシング3)は自分的に一番感動したホイール!

    コスパ最高と言われるアルミホイールで、ド定番を2つあげるとすれば誰もが Camp...

  15. 【素人インプレッション】cannondale CAAD12は、バランスのいいアルミロードだった!

    カーボンキラーと言われ、アルミフレームの最高峰ロードバイクと言われているキャノン...

  16. 【素人インプレッション】TREKのMADONEはやっぱり最高のカーボンバイクだった!

    TREK(トレック)のエアロロードと言えばMADONE(マドン)。当時、アルミフ...

  17. カンパニョーロ ヴェント(Camppagnolo VENTO)のインプレ的なもの

    カンパニョーロ(Camppagnolo)のホイールといえば、G3スポーク! ロー...

  18. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGEN(アルゴン18 ナイトロジェン)は超絶カッコいい!

    カナディアンブランドのARGON18。 その中でも異彩を放つエアロロードバイク...