ホーム > 機材インプレ > BORA ONE 50とBORA ONE 35の違いは?どちらを選べば正解?

BORA ONE 50とBORA ONE 35の違いは?どちらを選べば正解?

最も人気の高いカーボンホイールといえば、おそらく誰もが答えるであろうカンパニョーロのBORA。
サイクリストの多くが「いずれはBORAを!」と考えているのではなかろうか。BORAにはBORA ULTRAとBORA ONEの2種類あるが、両モデルの重量差はおよそ50g程度なので、おそらくBORAに憧れているサイクリストの多くはコスパの高いBORA ONEに興味があるに違いない(というか自分自身はBORA ULTRAにそもそも乗ったことがない...)。

そして、BORAを購入する際に一番悩むのが50㎜ハイトにするか35㎜ハイトにするかということ。自らBORA ONE 35を購入して、友人のBORA ONE 50を乗り回した経験をもとにどっちを買おうか迷っているサイクリストの一助になればと思い、インプレ的なものを記したいと思う。まずは定番の重量の比較から。

BORA ONE 50 1.485g
BORA ONE 35 1.406g

重量差は約80g。いずれもアルミクリンチャー最高峰のシャマルウルトラ1,495gよりも軽い。
実際に乗ってみた特長をそれぞれ解説してみようと思う。

BORA ONE 35とBORA ONE 50のそれぞれの特長

まずはBORA ONE 35から。BORA ONE 35は、まさにオールラウンダーのホイール。ホイールを複数所持できない人にはおすすめで、ヒルクライムにも強くて、それなりではあるが巡航性も比較的高いこのカーボンホイールを1本持っていれば間違いない。漕ぎ出しは軽く、ダンシングもリズムを取りやすいし、ヒルクライムでも引けをとらずに、ディープリムではないので横風などの影響もほとんど受けない。まさにいいことずくめのホイール。

たいしてBORA ONE 50は、50㎜のディープリムの存在感がバイクの戦闘力を大きくあげてくれる。しかもディープリムのため、高速巡行性能がめちゃめちゃ高い。25㎞/h以上から聞こえ出すディープリム特有の風を切り裂く音と相まって走っていてとても楽しいし、速度維持がラク。半面、ディープリムのため横風に弱く、風が強い日は煽られてしまう。ディープリムなのでダイレクト感があり、まさにメリハリのあるホイールだと思う。

両モデルの具体的な差は、重量とリム高。重量の方は正直乗り比べても80gの差は体感できなかった。気持ち漕ぎ出しが50㎜の方が気持ちモッサリしているかなと感じる程度。でもブラインドテストしたら絶対に違いがわからないと思う。高速巡行性能という切り口で考えると、リム高35㎜と50㎜の差は大きい。あきらかに50㎜の方が高速巡行性能は高い。25㎞/h以上から聞こえ出すディープリム特有の風を切り裂く音と相まって走っていてとても気持ちがいい。結論としては、あなた自身がホイールを複数所持しているかどうかによると思う。これ一本ですませるなら、オールマイティーな35㎜を選べばいいし、いくつかのホイールで使いわけるなら50㎜のディープリムを選べばいいと思う。かくいう自分も最初は35㎜を選んでいたが、シャマルウルトラを手に入れたことでもっと差別化してもいいんではないかと思い、現在はBORA ONE 35を手放して、まさかのBORA WTO(フロント45、リア60)を愛用している...。


タグ :

関連記事

  1. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGENを2年近く乗ってみて

    エアロロードであるARGON18 NITROGENと出会ってからもうすぐ2年が経...

  2. 【素人インプレッション】LOOK 566は超快適なロードバイクなのか?

    ロードバイク乗りとしては、絶対に抑えておきたいフレームメーカーといえばLOOKと...

  3. BORA ONE 50とBORA ONE 35の違いは?どちらを選べば正解?

    最も人気の高いカーボンホイールといえば、おそらく誰もが答えるであろうカンパニョー...

  4. 【素人インプレッション】BORA WTO 45も予想以上にいいホイールだった!

    BORA ONE 35からBORA WTO 60に乗り替えてみたものの、唯一の欠...

  5. 【素人インプレッション】スペシャライズドのパワーサドルは本当に素晴らしいサドルなのか?(specialized power saddle)

    最近のロードバイク・サドルのトレンドは、なんといってもショートサドル(ショートノ...

  6. 【素人インプレッション】別府史之選手愛用サドルのボントレガーのセラーノRXLに乗ってみた!

    ボントレガーのセラーノRXLといえば、あのツールドフランスにも出場した別府史之選...

  7. 【素人インプレッション】FOCUS IZALCO MAXはプロを唸らせるオールマイティバイクだった!

    2016年のツールドフランスにおいて、ロメン・バルデ(フランス)が総合2位に入っ...

  8. 【素人インプレッション】BORA WTO 60は貧脚サイクリストにもアリなカーボンホイールなのか?

    BORA ONEを手に入れてから、BORAの素晴らしさを実感していたためBORA...

  9. 【素人インプレッション】カンパニョーロ ボーラワン35(Camppagnolo BORA ONE 35)は最高のカーボンホイールなのか?

    BORA、それはサイクリストにとって誰もがあこがれるカーボンホイール。ホイールを...

  10. 【素人インプレッション】ORBEAのAVANT HYDROはマイファーストバイク。

    私がロードバイクの趣味に踏み込むきっかけとなったロードバイクがORBEA社の「A...

  11. 【素人インプレッション】ビアンキ フェニーチェ(BIANCHI FENICE)は最高のバイクだった!

    ビアンキといえばロードバイクやクロスバイクの人気のブランドで、いたるところでビア...

  12. 【素人インプレッション】SPECIALIZED VENGE PROはすごかった!

    スペシャライズドの試乗プログラムを利用して、憧れのS-WORKSを一日借りて乗り...

  13. 【素人インプレッション】Fulcrum Racing3(フルクラム レーシング3)は自分的に一番感動したホイール!

    コスパ最高と言われるアルミホイールで、ド定番を2つあげるとすれば誰もが Camp...

  14. 【素人インプレッション】cannondale CAAD12は、バランスのいいアルミロードだった!

    カーボンキラーと言われ、アルミフレームの最高峰ロードバイクと言われているキャノン...

  15. 【素人インプレッション】TREKのMADONEはやっぱり最高のカーボンバイクだった!

    TREK(トレック)のエアロロードと言えばMADONE(マドン)。当時、アルミフ...

  16. カンパニョーロ ヴェント(Camppagnolo VENTO)のインプレ的なもの

    カンパニョーロ(Camppagnolo)のホイールといえば、G3スポーク! ロー...

  17. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGEN(アルゴン18 ナイトロジェン)は超絶カッコいい!

    カナディアンブランドのARGON18。 その中でも異彩を放つエアロロードバイク...