ホーム > 機材インプレ > 【素人インプレッション】ビアンキ フェニーチェ(BIANCHI FENICE)は最高のバイクだった!

【素人インプレッション】ビアンキ フェニーチェ(BIANCHI FENICE)は最高のバイクだった!

finice1.jpg

ビアンキといえばロードバイクやクロスバイクの人気のブランドで、いたるところでビアンキのロードバイクを見かける。私自身もチェレステカラーに魅力を感じていつかはビアンキのロードバイクに乗ってみたいと思っていた。


けれども、ビアンキは人気ブランドなので他のローディとフレームが被り率が異常に高そうでイヤだな...。でもチェレステのビアンキには一度は乗ってみたいし・・・と、そうこう考えているうちに候補として上がってきたのがスカンジウムというアルミ合金製のフレームであるFENICE PROというフレーム。


FENICE PROは、基本的にはアルミフレームだがスカンジウムという金属を混ぜることで、一般のアルミフレームよりも高剛性に仕上がるため、フレームの厚みを薄くできて軽いフレームになるとのこと。ただ問題なのが高剛性ということ...また硬いんだろうな。しかもレーシーなジオメトリなので、ヘッドチューブも短く、フロントフォークもストレート。明らかにエンデュランスバイクではないな、これは。


それでも、黄色とチェレステのマルコ・パンターニモデルのカラーリングがめちゃめちゃ綺麗で一目惚れしてしまい、勢い余って買ってしまった。新品フレームがヤフオクでめちゃめちゃ安く出品されていたし・・・。しかも黄色の専用ステムとサドルが付属してたし・・・。


フレームが届いてから2日かけて組み上げた。やっぱり大変だったのはフロントフォークのコラムカット。
汗だくになりながら、カットするのに20分かかってしまった。
それ以外は結構順調だった。ケーブル類も外出しだったので思いのほか楽だったし。


さて、肝心のBIANCHI FENICE PROのインプレはというと、フレーム重量は1,040gとアルミフレームの中では非常に軽量なこともあり、乗り味はとても軽快。しかもクランクがよく回る回る。高ケイデンスでペダリングする自分にとってはとても相性のいいフレーム。

ちょっと乗って感じたことは、「こいつ、じゃじゃ馬だなあ!」ということ。
いままで、いろんなフレームのロードバイクに乗ってきたが大体「乗り心地がいい」とか「硬くて手がしびれる」といった乗り味や機能的な感想だけしかなかったが、今回はじめてFINICEに乗って「こいつ、本当に走りたくてしょうがないなんだな」と走るのが大好きな馬みたいに、まるで生きもののような印象を持ってしまった。それくらいにぴょんぴょん跳ねて、ぐいぐい進んでくれた。人馬一体になったような錯覚におちいるくらい、とても気持ちのいいフレームだった。

気持ちいいとはいえ、レーシーなスカンジウム配合のアルミフレームなので想像どおり硬かくて、ちょっとした段差にも車体がぴょんぴょん跳ねて、乗り心地はお世辞にもいいとはいえない。でもエアロロードのような響くような振動ではないので、個人的には嫌いではない(エアロロードの硬さを知っているからこそ許容できるだけかもしれないけど)。

エアロロードは、40km/h以上ではないとよさがわからないと思うが、基本25~35km/hで走っている貧脚の私にとって見た目以外あまりメリットはないが、FENICEの場合、30km/h前後が気持ちいいのだ。ARGONE18のNITROGENよりも硬くないため、脚へのダメージも少ないし。
軽快なFENICEは、ヒルクライムではとても強い味方になってくれる。ダンシングでもフレームが軽くて素直なので自分の思い通りに振ることができて、登りがほんのちょっと好きになった。よくフレームを替えただけで、ヒルクライムが楽になったというのを聞くけど、FENICEに乗ってもヒルクライムは苦しいままだった。


ケーブル類も基本外出しなのでメンテが楽(逆を言うとケーブルがジャマで掃除は面倒)。あとは、アルミフレーム特有の溶接痕がキレイに加工してくれていれば何も言うことはなかったのに。やはりレーシーということもあり、軽快でキビキビ走ってくれるのでFENICEは乗るのが楽しくなるロードバイクと言えるのではないだろうか。


とはいえFENICE最大の魅力は、見た目。特にパンターニカラーがいい!チェレステは映えるし、いつまで眺めていても飽きることがない。
いままでビアンキ、そしてチェレステカラーはミーハーだと思っていたけれど、やっぱり多くの人を惹きつけるだけの魅力があるんだなあと実感。(晴れて自分もそのミーハーの仲間入りを果たしたわけですが・・・)


ビアンキがほしい!でも他人と被ってないほうがいい!と考えている人は、FENICEはアリだと思う。
アルミフレームだから扱いも楽だし、乗り心地もある程度改善できるし、廃盤になっているのでこれ以上FENICE乗りが爆発的に増えることはないし。
まだまだ、ショップにフレームが結構出回ってるし、在庫一掃しているところもあるので今が買いのフレームだと思う。


関連記事

  1. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGENを2年近く乗ってみて

    エアロロードであるARGON18 NITROGENと出会ってからもうすぐ2年が経...

  2. 【素人インプレッション】LOOK 566は超快適なロードバイクなのか?

    ロードバイク乗りとしては、絶対に抑えておきたいフレームメーカーといえばLOOKと...

  3. BORA ONE 50とBORA ONE 35の違いは?どちらを選べば正解?

    最も人気の高いカーボンホイールといえば、おそらく誰もが答えるであろうカンパニョー...

  4. 【素人インプレッション】BORA WTO 45も予想以上にいいホイールだった!

    BORA ONE 35からBORA WTO 60に乗り替えてみたものの、唯一の欠...

  5. 【素人インプレッション】スペシャライズドのパワーサドルは本当に素晴らしいサドルなのか?(specialized power saddle)

    最近のロードバイク・サドルのトレンドは、なんといってもショートサドル(ショートノ...

  6. 【素人インプレッション】別府史之選手愛用サドルのボントレガーのセラーノRXLに乗ってみた!

    ボントレガーのセラーノRXLといえば、あのツールドフランスにも出場した別府史之選...

  7. 【素人インプレッション】FOCUS IZALCO MAXはプロを唸らせるオールマイティバイクだった!

    2016年のツールドフランスにおいて、ロメン・バルデ(フランス)が総合2位に入っ...

  8. 【素人インプレッション】BORA WTO 60は貧脚サイクリストにもアリなカーボンホイールなのか?

    BORA ONEを手に入れてから、BORAの素晴らしさを実感していたためBORA...

  9. 【素人インプレッション】カンパニョーロ ボーラワン35(Camppagnolo BORA ONE 35)は最高のカーボンホイールなのか?

    BORA、それはサイクリストにとって誰もがあこがれるカーボンホイール。ホイールを...

  10. 【素人インプレッション】ORBEAのAVANT HYDROはマイファーストバイク。

    私がロードバイクの趣味に踏み込むきっかけとなったロードバイクがORBEA社の「A...

  11. 【素人インプレッション】ビアンキ フェニーチェ(BIANCHI FENICE)は最高のバイクだった!

    ビアンキといえばロードバイクやクロスバイクの人気のブランドで、いたるところでビア...

  12. 【素人インプレッション】SPECIALIZED VENGE PROはすごかった!

    スペシャライズドの試乗プログラムを利用して、憧れのS-WORKSを一日借りて乗り...

  13. 【素人インプレッション】Fulcrum Racing3(フルクラム レーシング3)は自分的に一番感動したホイール!

    コスパ最高と言われるアルミホイールで、ド定番を2つあげるとすれば誰もが Camp...

  14. 【素人インプレッション】cannondale CAAD12は、バランスのいいアルミロードだった!

    カーボンキラーと言われ、アルミフレームの最高峰ロードバイクと言われているキャノン...

  15. 【素人インプレッション】TREKのMADONEはやっぱり最高のカーボンバイクだった!

    TREK(トレック)のエアロロードと言えばMADONE(マドン)。当時、アルミフ...

  16. カンパニョーロ ヴェント(Camppagnolo VENTO)のインプレ的なもの

    カンパニョーロ(Camppagnolo)のホイールといえば、G3スポーク! ロー...

  17. 【素人インプレッション】ARGON18 NITROGEN(アルゴン18 ナイトロジェン)は超絶カッコいい!

    カナディアンブランドのARGON18。 その中でも異彩を放つエアロロードバイク...