ホーム > その他インプレ > SHIMANOのコンポーネントをカンパのエルゴパワーで変速する魔改造!その名もシマニョーロ。

SHIMANOのコンポーネントをカンパのエルゴパワーで変速する魔改造!その名もシマニョーロ。

ロードバイクのコンポーネントは基本3大ブランドに集約される。
我が国日本のSHIMANO、イタリアのカンパニョーロ、そしてアメリカのスラム。

現状、完成車を購入する場合、ほとんどがSHIMANO。自分自身もSHIMANOのコンポはクラリス、ソラ、105、アルテグラ、デュラエースとティアグラ以外のほぼ全グレードを経験している。その反面、カンパニョーロやスラムのコンポは全くといっていいほど経験がなかった。スラムのeTapは無線で便利だし、カンパのエルゴパワーは人間工学に基づいていて、見ためも官能的でセクシーと言われている。


SHIMANOとスラムの場合、それなりに互換性があるので、etapを試したくなったとしてもSTIレバーとFDおよびRDをetapに変えるだけ。一方、カンパニョーロの場合、コンポーネントを入れ替えるときSTIレバーとディレイラーだけではなく、クランク(BB含む)からブレーキ、スプロケ、さらにはホイールまでカンパ専用のものを用意しない。まさに総入れ替えしなければならないので、敷居は非常に高い。しかもカンパは値段が高いし、専用工具が必要だし。


サイクリストの端くれとして、やはりカンパのコンポを経験しなくては(特にエルゴパワー)!
ということで、調べてみるとSHIMANOのコンポとカンパニョーロのコンポをミックスして運用できる裏技があるらしい。その名も「シマニョーロ」。一番メジャーなシマニョーロは、SHIMANOのコンポのままで、シフトレバー(エルゴパワー)だけをカンパに変える方法とのこと(この方法以外の改造をするサイクリストはいるのだろうか...)。カンパのエルゴパワーを手軽に楽しむための魔改造だ。ただし、この裏技にはいくつかの制約がある。


・右のシフトレバーに専用のパーツを付け替える
・エルゴパワーにはウルトラシフトに対応したコーラス以上が必要
・キャリパーの仕組みも違うのでカンパのキャリパーを用意する必要あり


以上の3つをしっかりと踏まえた上で改造しなければならない。
実際にセカンドバイクのBIANCHIのFENICEに移植してみた。SIMANOの調整より若干シビアになったもののなんとか完成。苦労して魔改造した結果、ようやくカンパのエルゴパワーを体験できる!を期待に胸を膨らませて乗ってみた。


・・・あれ。思ったほどたいしたことない。


正直なところ、SHIMANOのSTIに慣れているのであれば、SHIMANOのSTIレバーが一番しっくりくる。


たしかに、カンパのエルゴパワーは握りやすい。ブレーキもかけやすいし、ダウンヒルの際もSHIMANOのSTIレバーに比べて気持ち疲れづらい。手が小さいサイクリストはおすすめだと思う。シフトアップやシフトダウンも一気に3~4段チェンジできるので、最初は楽しかった。でも逆に細かく1段1段変速していくには、SHIMANOの方がやりやすかったし、そもそも一気にシフトアップやシフトダウンするかなぁと考えてしまった。慣れるまでは親指シフトもやりづらかったし。正直なところ、自分自身は「SHIMANOでいいやん」と思ってしまった。


カンパ未経験の友人であるサイクリストKにも貸してあげたが、「おお、カンパかっこいいやん。(しばらくすると)思いのほか変速しづらい。俺はSHIMANOでいいかな」と言っていた。まさかの自分と同意見。


でも、こういった結論にたどり着くことができたのも、自分自身人柱となって愛車をシマニョーロ化したからこそ。カンパのエルゴパワーを導入しなくては、いまだエルゴパワーに対して羨望の眼差しを送り続けていたに違いない!と思う。


しかも、サイクリストの仲間たちからは「シフトレバー、カンパなんだ!しかもそれ以外は105なんだ。すごいじゃん!」とチヤホヤされる。とりあえず、バーテープがボロボロになるまではエルゴパワーのままにしておこう。


関連記事

  1. SHIMANOのコンポーネントをカンパのエルゴパワーで変速する魔改造!その名もシマニョーロ。

    ロードバイクのコンポーネントは基本3大ブランドに集約される。我が国日本のSHIM...

  2. 【素人インプレッション】ガーミン バリア GAMIN Varia RTL510 リアビューレーダーは初心者にこそ使ってほしい最強リアライト

    ロードバイクはどうしても車道を走る。街中を走っているとヒヤッとしたことサイクリス...

  3. ディスクブレーキとキャリパーブレーキのどちらを買うのが正解か?

    いま各社ブランドのロードバイクのNEWモデルには、ディスクブレーキモデルが幅をき...

  4. 【素人インプレッション】MAVIC COSMIC PRO CARBON(コスミックプロカーボンホイール)は完成度の高いホイールだった

    誰もが憧れるディープホイール。見た目の戦闘力が格段にアップするだけではなく、実際...

  5. BIANCHI FENICEのカスタム詳細はコレ!

    私のじゃじゃ馬であるビアンキのFENICEのカスタム詳細は以下の通り。 コンポ:...

  6. サイクルコンピューターのCATEYE PADRONE SMARTは正直どうなの?

    CATEYEのBluetooth対応のサイクリングコンピューターといえばPADR...

  7. 新しいインナーチューブTUBOLTEは最高のチューブだった!値段もだけど。

    以前からすごく気になっていたインナーチューブ。基本的に私も含めて多くのサイクリス...

  8. nubeamテールライトの使い勝手やインプレ的なもの

    nubeamテールライトは、盗難防止用の振動センサー式アラームと後方の車に進行方...

  9. まるでコブラ!?SPECIALIZED「CG-R CARBON POST」(スペライズド コブルコブラー・カーボンシートポスト)

    SPECIALIZEDのROUBAIXに標準搭載されているシートポストであるCG...