ホーム > その他インプレ > サイクルコンピューターのCATEYE PADRONE SMARTは正直どうなの?

サイクルコンピューターのCATEYE PADRONE SMARTは正直どうなの?

CATEYEのBluetooth対応のサイクリングコンピューターといえばPADRONEですが、そのPADRONEの小型版のSMARTをインプレを書きます。じつを言うと私にとって、初のサイクリングコンピューターはじつは PADRONE SMARTです。
ロードバイクを購入後しばらくして、スマホのサイクリングアプリで走行距離やスピードを計測していましたが、タイムリーに確認したい!と思うようになりサイクリングコンピューターを調べだしました。
当時素人なりに調べた結果、スピードだけではなく、ケイデンスも測れたほうが後々役立つということで、しかもスマホにも連動できて、安心の日本メーカー製ということで、CATEYE PADRONE SMARTを購入することに。
当時はサイクリングコンピューターに1万円以上かけるなんてなんて贅沢だと思っていましたが・・・


前置きはこれくらいにしてインプレにうつります。
CATEYE PADRONE SMARTですが、買うべきか買わざるべきかと聞かれれば、買うべきではないです。
ダメな理由としては、主に3つです。
1.電池の持ちが異常に悪い
2.振動のたびに表示項目が勝手に変わる
3.表示できる項目が3つ程度で少ない

この3つがある意味致命的にダメです。
1.電池の持ちが異常に悪い
まず電池の持ちが悪いことですが、充電式ではなくボタン電池です。このボタン電池もR2032なので、100円ショップにいけば2個で100円と安価で手に入ります。ですが、Bluetoothで通信しているためか他のCATEYEの無線サイコン(半年でも全然問題ない)に比べて異常に電池の持ちが悪いです。1ヶ月に1回程度しか乗らない人は最悪毎回本体の電池を交換しなければならないほどです(私の友人がそうです)。しかも充電式でないため、いちいちコインなどを使って蓋を回して電池を交換しないといけないので、まあ面倒です。

2.振動のたびに表示項目が勝手に変わる
表示切り替えボタンが本体下部に位置しているため、ロードバイクに乗っているときちょっとした段差などを通過した際に生じる振動で表示が勝手に切り替わります。基本、スピード+ケイデンス+心拍を表示させながら走っていますが、気づくと最大速度や平均速度が表示されてて「えーー」となることが日常茶飯事です。しかもそこそこの頻度でフリーズするので、まあ正直イラつきます。
3.表示できる項目が3つ程度で少ない
表示項目が少ないのもネックです。初サイクリングコンピューターがPADRONE SMARTだったので、これが当たり前かと思ってましたが、後にbryton社のRider310を手に入れたときの感動は今でも忘れません。Rider310は最大8項目も1画面に表示できるし(時速+ケイデンス+心拍+現在時刻+走行距離+斜度+獲得標高+総走行距離を一画面に表示できる!これはデカい!)、暗くなると勝手にバックライトが点灯するので夜のライドでも見える!これを知ってしまうとPADRONE SMARTのショボさしか目につかなくなります(夜のライドは当然なにも見えない)。


他にもバックライト機能がなく夜では全く見えないとか、ケイデンスセンサーをフレームに設置しないといけないので外見がダサくなるとか、サイクリング中はスマホのGPS機能をONにしないといけないのでスマホのバッテリーも無駄に消費するなどよくよく考えてみると悪いところしか目につかないです。
よいところといま必死に考えていますが、特にないです。。
つまり、PADRONE SMARTは中途半端なサイクリングコンピューターなわけです。
普通にスピードを知りたいだけなら、安価で無線形式の電池持ちがいいCATEYEのVELO WIRELESS+(CC-VT235W)が3000円くらいでamazonで購入できます。ケイデンスまで計測したいなら、bryton社のRider310が本体12000円程度で購入できます(パワーメーターなどにも対応してるし、GPSが内蔵されているので本体のみで速度計測可能)。
とまあさんざんなインプレでしたが、忖度なしで正直に言ってしまうとこうなります。
でもいくつかのCATEYE製品を愛用しているので、CATEYE製品が嫌いではないのであしからず。


関連記事

  1. SHIMANOのコンポーネントをカンパのエルゴパワーで変速する魔改造!その名もシマニョーロ。

    ロードバイクのコンポーネントは基本3大ブランドに集約される。我が国日本のSHIM...

  2. 【素人インプレッション】ガーミン バリア GAMIN Varia RTL510 リアビューレーダーは初心者にこそ使ってほしい最強リアライト

    ロードバイクはどうしても車道を走る。街中を走っているとヒヤッとしたことサイクリス...

  3. ディスクブレーキとキャリパーブレーキのどちらを買うのが正解か?

    いま各社ブランドのロードバイクのNEWモデルには、ディスクブレーキモデルが幅をき...

  4. 【素人インプレッション】MAVIC COSMIC PRO CARBON(コスミックプロカーボンホイール)は完成度の高いホイールだった

    誰もが憧れるディープホイール。見た目の戦闘力が格段にアップするだけではなく、実際...

  5. BIANCHI FENICEのカスタム詳細はコレ!

    私のじゃじゃ馬であるビアンキのFENICEのカスタム詳細は以下の通り。 コンポ:...

  6. サイクルコンピューターのCATEYE PADRONE SMARTは正直どうなの?

    CATEYEのBluetooth対応のサイクリングコンピューターといえばPADR...

  7. 新しいインナーチューブTUBOLTEは最高のチューブだった!値段もだけど。

    以前からすごく気になっていたインナーチューブ。基本的に私も含めて多くのサイクリス...

  8. nubeamテールライトの使い勝手やインプレ的なもの

    nubeamテールライトは、盗難防止用の振動センサー式アラームと後方の車に進行方...

  9. まるでコブラ!?SPECIALIZED「CG-R CARBON POST」(スペライズド コブルコブラー・カーボンシートポスト)

    SPECIALIZEDのROUBAIXに標準搭載されているシートポストであるCG...